運動指導のプロである理学療法士が教える、子供の姿勢を良くするコツ

セラピストブロガー専門のスーパーバイザー(SV)をします

  • HOME »
  • セラピストブロガー専門のスーパーバイザー(SV)をします
Pocket

therapist1070-347

ブログ初心者のセラピストを応援します

edc91736beee8fcedeb9643f26711e2c_s

私は経験年数(25年)だけは長いけれど、後はたいしたことのない、ただのおっさんセラピストです。

しかしこれまでの経験から学んだことを、何か若い世代の人たちに還元していかなければならないな、という社会的責任(のようなもの)も感じるようになり、仕事以外で若いセラピストの方に役立てることはないかなあと模索してきました。

若い世代への還元なら、臨床実習など仕事の場で還元しないのか、と思う方もおられるかもしれません。

はい、色々学生さんを担当させていただきました。しかし理学療法士の「ヘンな実習の世界」がいつまでも馴染みません。何がイヤって、徒弟制度が未だに残っていることです。

こういう実習システムを、バカバカしいと思っているのと、学生さんに偉そうに言って、自分の価値を上げようとするスーパーバイザーがいるなんて話を聞いてると、「井の中の蛙かっ!」とか「学生さんを論破して得意気になるなんて、ゲスの極みセラピストかっ!」とか思ってしまい、そういう世界とは距離を置きたい、というのが本音なのです。

さて、そんな私が若いセラピストの方にお役立ちできそうなことが一つありました。

「ブログなどで情報や自分を発信する(あるいはしたいと思っている)若いセラピストへの支援ならできる!というか、そういうのが最も得意だ!」

ブログで発信することで、自分の価値をもっと高めたい。そのために発信できるセラピストになりたい、という思いを持っている方へ、当サイトの運営経験を還元できる!と思ったのです。

特に、ブログを始めた人の一番の悩みと課題でもある、「どうやって訪問者数を増やすのか」という部分へのアドバイスができそうだと気付きました。

これからのセラピストに求められるスキルは、治療技術などではありません。「発信力」そして「自分のプロデュース力」です。

今までに作ってきたブログやサイト数は、どのセラピストにも負けないっ!

さて、これまで子どもと姿勢研究所のサイトを始め、写真ブログ、歴史の人物のファンサイト、理学療法士として思うことを綴ったブログ、車のブログ、高齢者の介護予防のサイトなど、一体いくつのサイトやブログをワードプレスで作ってきたか分からないくらいです。サイトやブログの作った数の多さでは、どのセラピスト(セラピスト限定ですよ)にも負けない自信があります。その中で、ブログ訪問者をどう増やすかということを考えてきました。

ちなみに、当サイトは開設して3年を迎えますが、始めの頃は検索サイトでも全く目立っていませんでした。しかし、あれこれ集客について試す内に、次第に検索サイトエンジンからの訪問者が増えてきました。

現在は、ひと月に20,000PVです。子供の姿勢というジャンルに特化したサイトで20,000PVはそれなりの数字を叩き出していると思います。

pv

「子供 姿勢」や「子供の姿勢を良くするコツ」、「子供 体幹」などの検索ワードでは、常にトップ表示されています。

ws000020

当サイトの訪問者数を伸ばすために試行錯誤の中で得たスキルや情報を提供することで、セラピストとしての発信力の向上のお手伝いをしたいと思います。

どう発信すればより多くの人にあなたのブログを見てもらえるのか、というところに焦点を合わせてスーパーバイズします。

そのスキルを上げていけば、仕事でもプライベートでも「上手く伝えるコツ」が分かってきます。

なお、念のため書いておきますが、ブログで発信といっても、「今日のランチはミネストローネを食べました!」とか、「我が家にカワイイ猫の赤ちゃんがやって来ました~」とかいうプライベートブログのことを言っているのではありません。

それはほとんどSNS的なブログです。そんなのはブログでやるより、FacebookやTwitterでやっているほうがいいです。

ここでいいう発信するためのブログというのは、セラピストとしてより個性を磨く、発信力を上げる、また自分の持っている情報を広く伝えるためのブログです。

sv

あなたのブログが読まれるブログになるためのポイント

e44aac9f14d874ee85f9a8aef4f1023d_s

ブログで情報を発信するには、コツがあります。

そのコツを理解しないままブログ更新を続けても、訪問者は増えません。

では、そのコツとはなんだと思いますか?

■SEO対策をしっかりすること?

■記事はできるだけ詳細に長い文を書くこと?

■更新頻度を上げること?

 

どれも間違いです。SEO対策なんて、小手先テクニックです。長い文がいいとも限りませんし、更新頻度も每日でなくてもOKです。

そんなことより大事なことがあります。

あなたの日常=他人には興味のないこと

「頑張って記事を更新しても、一日数人~十数人来てくれればイイほうだ」という場合は、発信のしかたが間違っているのです。

つまり「あなたの思いや伝えたいことを記事として書いてしまっている」ことが原因です。

 

例えば、先ほどの「猫の赤ちゃんが我が家にやってきました~」と言う記事は、あなたが言いたいことであって、あなた以外の人が知りたいことではありません。

そもそも、人はあなたの家に猫の赤ちゃんが来ようが、ハムスターの赤ちゃんが来ようが、何の興味もありません。猫好きな人が来てくれるかもしれませんが、そういう場合は自分の猫も見に来てほしい人か、猫マニアの人くらいです。

自分のペットのことを書いて人が見に来てくれるのは、芸能人か有名人だけです。

余談ですが、どうしてもペットネタで訪問者を増やしたいなら、サイでも飼って、「我が家にサイがやってきました~。とってもカワイイです!」とかいうような記事を写真入りで書くと良いでしょう。そして每日サイの世話をして、散歩に連れて行って、それを記事にしてください。それなら間違いなく、人気ブログになるでしょう。

もしくは、「我が家にはサイがいます!サイと言っても妻の「サイ」ですけど(^^)」とか笑いを取りに行くのもいいかもしれません^^;

しつこようですが、「あなたのプライベートを知りたいと思う人なんて、誰もいない」ということをもう一度強調しておきます。

ブログのターゲットと内容は絞り込め!

7a371c0b7d6d1f927d8bc704784cd237_s

とある日…。

素敵なランチの記事を探していた人が、あなたが書いたランチの記事をたまたま見つけました。

その記事がとても良かったので、次の日にもあなたのブログに来てくれました。

「今日もステキなランチの写真があるのかな」

ところが、次の日に「転倒が引き起こす大腿骨頸部骨折のリスクについて」という記事をアップしていたら?

その人はきっと目が点になるでしょう。

それ以来、あなたのブログには来てくれなくなるでしょう。

 

ところが、同じ股関節の話題でも、じっくり読んでもらえるブログにすることはできるのです。

股関節に何らかの問題を抱えていたり、股関節のことを知りたいと思っている(痛みがある、病院にかかっている、病院に行ったほうがいいのかなと迷っている、リハビリを受けている)人たちなら、股関節について書かれた記事を興味深く読んでくれるでしょう。

つまり、ターゲットを「股関節に何らかの問題があり、その解決方法を探している人」、「家族が股関節の骨折でリハビリを受けることになったので、そのリハビリ方法について知りたいと思っている人」などに絞り込むのです。また、内容は「股関節にまつわる内容の記事」を中心に展開していくのです。

1ef5354dd7b5c35d9da27aecf3d33bd0_s

そうすることで、股関節の怪我とリハビリについては、このブログ!と、次第にあなたのブログが認知されていくようになります。

 

このようにしてターゲットを絞れば、少しずつあなたのブログは検索サイトの上位に表示されるようになりますが、その前に、二つ条件があります。

一つは、「あなたが書こうとしている(股関節にまつわる)ブログと同じような内容で、すでに多くの人を集めているブログがないかどうかを確認しておくこと」です。

同じことを発信していて、なおかつ人気のブログであれば、そこに闘いを挑んでいくのはなかなか大変です。そういう場合は、股関節に関することをやめて他の領域にターゲットを変更するか、そのブログとは全く違った切り口でいくかを選択する必要があります。

つまりそのブログと真正面から闘ってはいけません。

なぜなら、相手のブログは、すでに「たくさんの蓄積された記事」という強みがあるからです。

 

二つ目は、「記事は誰にでも分かるように書く」ということです。

規準としては、「中学生が理解できる程度の書き方、内容」です。

難しく書くことは、臨床実習レポートなどでも練習をしますが、平易な言葉で誰でも理解できるように書くという技術はなかなか実習でも教えてもらえません。

ここがセラピストブロガーが一番悩むところかもしれません。

 

分かりやすく書くためのコツはありますが、それは個別指導の中でお教えします。

 

まとめると、以下のようになります。

 

あなたのブログが読まれるようになるためのポイントは

1.ターゲットを明確に!

2.ターゲットはライバルのいない領域を狙え!

3.そのターゲットに特化した内容で構成せよ!

4.ターゲットに役立つ内容や読みやすさを心がけよ!

5.記事の内容、書き方にオリジナリティを出せ!

sv

セラピストブロガーのためのスーパーバイザー、西村猛

img05-2

あなたのブログが、より多くの人に見てもらえるようになるために、セラピストブロガー専門の「スーパーバイザー西村猛」は、以下の点について、あなたにスーパーバイズします。

SV西村猛

1.何を、誰に向けて、どう発信するのかの考え方ターゲットの狙いかた

2.一般の人々にも分かりやすい文章を書くコツと、記事の構成のしかた

3.ブログ記事として適切な表現か、また修正するべきところについての助言(デイリーノートをチェックするようなイメージです)

 

スーパーバイズの方法は2パターン。

1.質問に対して、メールでもしくはビデオチャットでお答えする。

2.実際の記事を送っていただき、添削する(メールやビデオチャットで添削。記事の内容そのものではなく、書き方や構成の仕方、小見出しの付け方などの添削です)。

募集要項

スーパーバイズを受ける流れ

「デイリーノートの提出と、デイリーノートのフィードバック」と同じだと考えてください。

デイリーノートでは、自分で組み立てた文章をSVに見てもらい、修正するべきところは修正し、また考え方やどのように取り組んでいけばいいかをアドバイスしてもらいますよね。それと同じです。

■まずは、申し込みフォームから申し込んでください。その際、フォームに「あなたのお名前」、「メールアドレス」、「メール・ビデオチャットどちらで指導を受けるか」を記入・選択してください。

■メールにて進め方などの詳細を返信します。

■メールの場合は、聞きたいことなどを自由に書いて送ってください。ビデオチャットを希望した場合は、日時についてメールでやり取りしながら決めていきます。

■記事の添削については、テキストファイルをメールに添付して送ってください。添削はメールで返信するかビデオチャットで具体的に話をしながら修正できるところを修正していきます(ビデオチャットのほうが、無駄なく短時間で進められると思います)。

Q&A

c12d3cd4bc6cfb632d6afef3403ccf7c_s


募集人数はどのくらいですか?

SV西村猛
毎月1名です。


やり取りの頻度はどの程度ですか?

SV西村猛
メールの返信、記事添削は週1回~2週に1回くらいです。ビデオチャットは相談させていただきます。


これからブログを始めようと思っているんですが、相談に乗ってもらえますか?

SV西村猛
ブログがすでにある方を優先しますが、空きがあれば、「これから始めたい」という方でもOKです。

ただし「ブログで自分を高めたい!」「個性を発揮できるセラピストになりたい」「勝ち残ることができるセラピストになりたい!」という強い意思のある方のみお受けします。

「副業としてブログアフィリエイトができればいいな」というような動機の方は応募しないでください。アフィリエイト目的でブログを作っても、絶対上手く行きません。


相談費用はどのくらいかかりますか?

SV西村猛
将来的には有料化するかも知れませんが、今のところはアドバイス費用はかかりません。

私もブログSVは初めての試みなので、「お試し」としてこのサービスを提供しています。お申込人数が上限に達しましたら、受付は終了します。


無料と言われると、逆に「大丈夫かな?」と心配になるのですが…。

SV西村猛
実名や顔を公開して悪事を働く人も少ないと思いますが…^^;不安があるなら依頼はご遠慮ください。そのほうがお互いにとって良いと思います。


名前をはじめ、ブログで自分を公開することに抵抗があるのですが…。

SV西村猛
自分の情報を提示することで、訪問者の信頼度はより増します。

あなたが訪問者側なら、そう思いませんか?


効果が出るまでどのくらいの期間がかかりますか。

SV西村猛
優良な記事をどれだけ蓄積させていくかにもよります。一週間に二つ有益な記事を書くとして、少なくとも半年はかかると思います。

ただし一度信頼度が上がっていけば、後は比較的ゆっくりとしたペースでも訪問者数は増えていきます(すでに有益な記事が蓄積されているため)。

あなたがブログという発信手段を通じて、個性ある、そして発信力のある、次代に求められるセラピストになるお手伝いをします。

sv

Pocket

PAGETOP
Copyright © 子どもと姿勢研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.