運動指導のプロである理学療法士が教える、子供の姿勢を良くするコツ

ハイヒールのメリットとデメリット。そして自分に合った靴を選ぶことの大切さ。

  • HOME »
  • »
  • ハイヒールのメリットとデメリット。そして自分に合った靴を選ぶことの大切さ。
Pocket

3f1bb12bf094667dd374044c90931969_s

当サイトのメンバーで、元競技ダンサーでもある「えみかさん」に、ハイヒールについてのメリットとデメリット、さらには靴選びの際のポイントなどについてお聞きしました。

 

西村猛
大人のハイヒール、身体への影響という観点で考えると、賛否両論ではないかと思います。

そこで今日は元競技ダンサーだったえみかさんに、ハイヒールの良い点と課題についてお伺いしたいと思います。

また、足に合った靴選びについても教えていただきます。

えみかさん、よろしくお願いします。

えみかさん
こんにちは。えみかです。どうぞよろしくお願いします。

西村猛
さて、競技ダンスとハイヒール。この2つのつながりってあるのでしょうか?
えみかさん
はい、女性の競技ダンス用シューズはハイヒールなのですが、これ、ドレスを着ているし見た目が綺麗だから、では無いんです。
もしヒールが無いほうがパフォーマンスが上がるのならスポーツですから皆そうしています(^^;

競技ダンスは男性と女性が一対となり、ペアとしてのダンスの技量を他のペアと競うものです。男性が女性に合わせるより、女性が男性と同じ歩幅で動けた方が踊りにダイナミックさが出ますが、それを叶えてくれるのが実はハイヒールなんです。

西村猛
ええっ?!そうだったんですか?単に見た目だけの理由ではないんですね。

えみかさん
はい。

それに、ハイヒールは底面積が少ない分、床反力を強く得られますし、足を返す量が少なくて済むので、足の力が弱くても強く推進出来ます。

また重心を外しやすいので、重力を味方につければ筋力に頼らなくてもすばやい動きのコントロールが可能なんです。

11924c474da2027badcb1baf7a6e7d73_s

西村猛
なるほど~。しかし、そうなると逆に「ハイヒールを上手く履きこなす」ということが必要になってきますよね。その辺りはどうでしょうか?
えみかさん
そうですね。私が思う「ハイヒールを上手く履きこなすコツ」は、1.自分の足に合った靴の履き心地を知っていること、2.きちんとした歩行が出来ること、です。
足の変形や身体に歪みがある人は、ハイヒールでさらに悪化させる可能性があるので履くことは極力避けたほうがいいかもしれないですね。

私自身、これらの条件を満たしていないまま競技ダンスを始めてしまったので、あちこち身体を痛めましたし、つらい思いもしましたから…。

西村猛
なるほど。ハイヒールも使いようによっては、メリットにもデメリットにもなるということですね。

ちなみに、子供用でヒールがある靴も売られているようですが、やはり子供のうちは、ヒールのある靴を履くことは避けたほうがよいのでしょうか?

えみかさん
私はヒールのある靴は骨格と筋肉がきちんと発達した大人の履物だと思っています。

ですから、まだ成長途中にある子供に履かせるものではない、というのが私の考えです。

子供たちには成長の発達段階に適した、足を守り育てるという観点から作られた運動靴を履いて、思いっきり動いてしっかりと身体を鍛えて欲しいなと思います。

running

西村猛
私も、子供の靴は運動靴一択でもいいくらいだと思ってます。できればサンダルなども避けるべきだと思いますね。

ハイヒールの話に戻しますが、実際のシューズショップで、ハイヒールを選ぶ際のポイントなどはありますか?

えみかさん
そうですね。ポイントとしては、まずは自分の足の正確なサイズ(足長×足囲・足幅)を知り、そして足に合ったものを探すということになるのですが、実は自分の足に合うハイヒールになかなか出会えない人が出てしまうのが、今の日本の現状です。

でもそれに気付いていない方が多いと思います。

販売店の方も、「お客さんの足に合う靴は当店にはありません」と言っていては、商売にならないですからね(笑)。

西村猛
そりゃそうですね!(笑)。
えみかさん
でも、ここ数年だいぶ環境が変わってきて、歩き方から見てくれる靴屋さんも何店舗かあります。

ハイヒールに限らず、靴はそういったお店で買うのが、足からの健康を考える意味でも大切だと思います。

203cc4673ef2b2857feee0f5f7ab4fca_s

西村猛
デザインや価格も大事ですが、まずは自分の足のことを分かってくれて、アドバイスをしてくれるお店なり、シューフィッター(靴のフィッティングの専門家)を見つけることが大切だということなんですね。

ちなみに、ハイヒール以外でも「自分の足に合った靴」を選ぶときのポイントがあれば教えて下さい。

えみかさん
「足に合った靴」とは、足のサイズ(足長×足囲・足幅)とボールジョイント部(親指の付け根の曲がる部分)が自分の足にしっかりと適合している靴だと私は考えています。

靴選びの際には、まずその観点から見るようにしてみると、新たな発見があるかも知れないですよ。

西村猛
どんな靴を選ぶにしても、デザインや価格だけではなく、機能性と何より自分の足に合っているかどうかをしっかりと確認してから買うのがいい、ということですね。

私もこれから、「セールでお安くなっているから」という理由だけで買わないように気をつけたいと思います(笑)。

えみかさん
それがいいと思います(笑)。

私のブログでもハイヒールについて書いている記事がありますので、よろしければ参考にしてください。

「ハイヒールを履ける足???」

「バーチャルシューフィッター」

※えみかさんのブログ【私AAA。娘ちゃんはC。】より。

西村猛
ぜひ読ませていただきます。

今日は、いろいろと教えていただき、ありがとうございました!

えみかさん
こちらこそ、ありがとうございました!

 

Pocket

子供

講義受付け可能日

※状況は随時変わります。あくまでも目安としてご参照下さい。


■赤枠が受付け可能日です

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31  

お問い合わせ/お申込みフォームはこちら

PAGETOP
Copyright © 子どもと姿勢研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.