【2018.1.14】「伝承遊びの効果各論」>「折り紙が体に与える効果」を追加しました。

サイトデザインを一新しました!今後も、子どもの姿勢と体作りの情報を発信します

f_f_object_165_s512_f_object_165_0bg

リニューアル工事完了しました

年末年始の間、当サイトは大幅なリニューアル工事を行っていました。

リニューアル内容は、

  1. サイトデザイン(WordPressテーマ)の変更
  2. 個別ページのデザインと記事内容の修正

です。

ブログ記事については、記事数が多すぎることもあり、あまり手を加えていません。

そのため、デサイン的に違和感がある記事もあるかもしれませんが、どうぞご了承下さい。

 

なぜ、今サイトデザインの見直しをしたのか?

昨年、一般社団法人の設立にともない、今後保育士さん向け研修会や個別相談会などの事業を法人事業として、展開していくことになりました。

法人サイトは別に作成したため、当サイトを閉鎖するのか、並行して継続運営していくのか、判断の難しいところでした。

 

しかし、せっかくこれまで書き溜めてきた記事も沢山あり、また、月あたりのPV(ページ閲覧数)も多いことから、当サイトはプライベートサイトとして、継続して運営していくことにしました。

そのため、一度、これまでの内容を整理する目的で、リニューアルに踏み切りました。

 

プライベートサイトとして、今後の展開は?

f_f_business_55_s512_f_business_55_1bg

今後は、次のようなことを主軸に、このサイトを運営していきたいと思います。

  1. 子どもの姿勢発達に関する情報提供の場として。
  2. 発達障害など、障害のあるお子さんの姿勢や体作りに関する情報提供の場として。
  3. 色々な方が集い、交流できる場として。
  4. 法人活動のお知らせの場として。
特に2.の発達障害のあるお子さんの姿勢や体作りに関しては、啓発から始めていきたいと思います。

 

当サイト管理人の西村は、兵庫県神戸市で発達に遅れのあるお子さんの相談・療育教室を経営しています。

そこでは、実際に発達に遅れのあるお子さんの体の相談をお受けしたり、療育というレッスンを実施したりしています。

 

その中で、「発達障害のあるお子さんの体の問題・姿勢の問題」が放置されている現状を目の当たりにしています。

専門機関であっても、この問題に気付いている人が少なすぎるのです。

 

だからこそ、子どもの姿勢や体作りについて発信している当サイトで、この問題を多くの方に知っていただく必要があると感じています。

参考

発達障害のあるお子さんの体の問題が放置されている。将来、慢性痛につながりますよ、と断言できる理由神戸ことばとからだの発達相談室ゆず

 

ということで、今後は「発達の遅れのあるなしに関わらず」子どもの姿勢を良くするために、多方面から情報提供や実践を行っていきたいと思っています。

 

講義依頼や個別相談は、法人サイトからご連絡下さい

f_f_business_10_s512_f_business_10_2bg

講義のご依頼や個別相談は一般社団法人子どもの姿勢とこころの発達研究所がお受けします。

法人サイトのお問い合わせページから、ご連絡下さい。

一般社団法人 子どもの姿勢とこころの発達研究所サイトへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。