子どもと姿勢研究所で記事を書いてみませんか?【寄稿記事の募集】

コラムLatte記事更新。今回は「あっという間に赤ちゃんを泣きやませる方法」

2015_12_14.jpg
コラムLatteで新しい記事を書きました。

今回は泣いている赤ちゃんを瞬間的に泣きやませる方法です。

夜中に急に赤ちゃんが泣き出した!
体調が悪いわけでもなさそう…。
赤ちゃんは泣くのが仕事とはいうけれど、深夜だからできるだけ早く泣きやませたい!
子育を経験された方なら、こういう場面に必ず遭遇したはずです。

そんな時、赤ちゃんに備わっているある反応を使えば、ピタッと泣きやませることができるかもしれません。

それが、今回のコラム記事で書いた「輸送反応を利用した泣きやませ方」です。

輸送反応とは、動物の赤ちゃんが母親に運ばれるとき、おとなしくなる反応のことを指します。2013年に理化学研究所により仕組みの一端が解明されました。

そういえばうちの娘が赤ちゃんの頃、どんなに泣いていても、抱っこして歩きだした途端ピタッと泣き止んでいました。あれは、輸送反応だったんですね。

詳細は記事でどうぞ。

理化学研究所仕込み!赤ちゃんを泣き止ませる簡単な対処方法

 

【理化学研究所のYOUTUBE動画】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。