Pocket

WS000004

エキサイトニュースに私が解説した記事が掲載されています。

「リゼウォークが幼児に人気の理由」について解説しています。

 

リゼウォークとは、「美容皮膚科 リゼクリニック」さんのCMで流れている歩き方で、モデルさんやタレントさんが、腕をバンザイに上げた状態で歩きます。

デューク更家氏の監修だそうです。

※音量注意!

そして、この歩き方を幼児が良く真似するんだそうです。

 

取材を受けるまでは、リゼウォークが幼児に人気だということは知りませんでした。

編集者さんから「インスタグラムで、楽しそうに踊る幼児の動画がたくさんUPされているんです」と教えていただき、確認してみると本当にそうでした!


こんな動画がたくさんUPされているそうです。

Instagramの投稿では、真似をして踊り出す幼児もいれば、急に泣き止む幼児もいて、不思議なもの。なぜリゼウォークのCMは幼児の反応がいいのか。体の発達の専門家で、理学療法士の西村猛さんに考えられる理由を聞いてみた。

※エキサイトニュースから抜粋

聞いてみられたものの、ムズカシすぎました^^;

 

ない知恵を絞り出して、お答えしたのは、次の3つ。

1.子どもは真似をすることで発達していくから(モノマネ細胞と呼ばれるミラーニューロンの働きを解説)

2.リゼウォークは分かりやすい動きだから、真似しやすい(バンザイで歩く、という動作は左右対称で真似しやすい動き)

3.真似をする→褒められる→嬉しいを期待している(これにより自己肯定感を高めていくという効果もある)

こんな感じで、お答えしたところ、編集者さんが上手くまとめてくださり、CM元の「美容皮膚科 リゼクリニック」に確認・掲載許可を得た上で、エキサイトニュースに掲載されました。

 

WS000008

最後には、当サイト「子どもと姿勢研究所」についての紹介だけでなく、西村が経営している「神戸ことばとからだの発達相談室ゆず」のご紹介もしていただきました。

取材の時点では、法人化していなかったので、「子どもと姿勢研究所」として当サイトを紹介してくださっています。

 

ということで、エキサイトニュースの記事は以下のリンクからお読みいただけます。

こちらの記事もどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

The following two tabs change content below.
西村 猛(管理人)

西村 猛(管理人)

”触らない”理学療法士(子供の発達、特に座る、立つ、歩くなどの運動発達が専門)。コラムLatte専門家コラムニスト。 姿勢の悪い子供を減らしたい!という思いから、一般の方に向け、子供の姿勢発達や体作りについての情報提供をおこなっている。「分かりやすい解説」が好評で、マスメディアをはじめとする様々な媒体からの取材も積極的に受けている。 ■研究分野:子供の姿勢、幼児の体作り、発達障害児の身体的発達と課題

メールマガジンでも情報発信中!

メールマガジンでは、子どもの姿勢や体作りのポイントなどを分かりやすくご紹介しています。
この機会にぜひご登録ください。
購読料は無料です。