matadome640

工房さん作製の股パッドが完成!

「股止めプロジェクト」は、既製の幼児椅子に簡単に取り付ける股パッド(股止め)で、子供の椅子に座る姿勢を良くしよう!というプロジェクトです。

これまでの経過は、以下の記事からどうぞ。

今回、工房業者さんに作っていただいた股パッドが完成しました。

作製業者さんは、兵庫県姫路市の「きずな工房」さん

これまで、股パッドの作製業者さんは匿名にしていましたが、今回社長さんから掲載許可をいただきましたので、ここでご紹介します。

股パッドを作っていただいたのは、兵庫県姫路市にある「きずな工房」さんです。

きずな工房さんは、主に、体に不自由のある子供たちの椅子や車いす、バギーなどを作製している工房さんです。

身体障害者の方は身体の一部として福祉用具をご利用頂くため、使い心地によっては強いストレスにさらされることもあります。頻繁に使うものだからこそ、使いやすくて自分にピッタリの商品をさがしたい。
でもなかなかいい製品に巡りあえない…。気に入るデザインがない…。そんなお声にお応えいたします!

きずな工房では自社工場があり、オーダーメイドとして一からお作りすることが可能。
ご要望の機能をできるだけ取り入れ、サンプル品などで確認しながらぴったりの商品をお作りします。
持込の生地でお客さま好みのデザインにすることもでき、お名前の刺繍もご要望があればお付けします。

※きずな工房さんホームページより抜粋

kizuna01
※(ホームページ画像より)掲載許可をいただいています。

上の画像は、完全オーダーメイドで作製されたきずな工房さんオリジナル椅子(座位保持装置)です。

こういった椅子の作製技術を応用して作っていただいたのが、ご紹介している股パッドです。

前回の試作品からの変更点

貼り革に新色が出ました

P1100144

試作品は明るい茶色でしたが、今回は少し濃い茶色になっています。前作同様、一般的な幼児椅子(保育所などにある椅子)に取り付けた時、違和感のない色になっています。

さらに軽くなり、外出先にも気軽に持ち出せるようになりました

試作品(168グラム)に比べ、53グラム軽くなりました(115グラム)。

軽くなりましたが、固定強度はそのままです。

これは材質を工夫することで、この軽さを実現しているとのことです。

実際に試作品と持ち比べてみると、明らかな違いを感じることができます。

軽くなった分、祖父母宅やお店など外出先にも持ち出しやすくなりました。

クランプもセットになりました

P1100142

はっしー作製の股パッドは、「C字クランプ」で椅子に固定していましたが、きずな工房さんではホームセンターでも取り扱っている「クイックリリース ホビークランプ(上の画像)」の一部をカットしたものをセットにしていただきました。

このクランプは、レバーをカチカチと握っていくことで、挟み込む幅を調節できます。

外すときは、ワンタッチでスッと挟み込みが解除されます。

P1100138

足を怪我しないように、専用オリジナルカバーも作製していただきました。

取り付け例

P1100174

クイックリリース ホビークランプで固定しています。

股止めプロジェクトの今後の展開は?

今後、子どもと姿勢研究所が主催する研修会などにおいても、この股パッドを使った体験の場を提供していきたいと思います。

まずは大人に方に、股パッドの効果を体感していただき、「骨盤を起こして座ることの重要性」を知っていただきたいと考えています。

今夏に開催予定の、「綺麗に椅子に座るポイントと股止め作製のセミナー」でも体験していただく予定です。

購入をご希望される方は、きずな工房さんへお問い合わせください

なお、この股パッドは、数量限定で販売も行っています。

価格、納期などは、きずな工房さんまでお問い合わせください。


※股パッドの固定をより安全に、また利便性良くするために、パッドやクランプの仕様について、今後も改良を重ねていきたいと考えています。そのため、今後予告なく股パッドおよびクランプの仕様を一部変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
西村 猛(管理人)

西村 猛(管理人)

”触らない”理学療法士(子供の発達、特に座る、立つ、歩くなどの運動発達が専門)。一般社団法人子どもの姿勢とこころの発達研究所代表理事。コラムLatte専門家コラムニスト。 姿勢の悪い子供を減らしたい!という思いから、一般の方に向け、子供の姿勢発達や体作りについての情報提供をおこなっている。「分かりやすい解説」が好評で、マスメディアをはじめとする様々な媒体からの取材も積極的に受けている。 ■研究分野:子供の姿勢、幼児の体作り、発達障害児の身体的発達と課題

メールマガジンでも情報発信中!

メールマガジンでは、子どもの姿勢や体作りのポイントなどを分かりやすくご紹介しています。
この機会にぜひご登録ください。
購読料は無料です。