子供の姿勢や体作りのコツについて学べる「子どもと姿勢研究所メールマガジン」。

今回のエッセイは、メールマガジンで書かれているものと同じものを掲載します。

原則的にメールマガジンは購読者の方以外は非公開の内容となっていますが、今回メールマガジンの雰囲気を知っていただくために少しご紹介します。

昨年11月に発行したメルマガです。それではごゆっくりどうぞ。


2013_09_16

人の背骨はS字にカーブしている

人の背骨は、まっすぐに伸びた棒のようなものではありません。

横から見ると、Sの字を描いたような形にカーブを描いています。

これを「S字カーブ」といい、人の体を左側から見た時に、ちょうとS字と同じ向きで背骨がカーブしています。

S字の理由は重さの分散

では、なぜ人の背骨はS字カーブを描いているのでしょうか。

ビルの鉄骨のように、真っ直ぐでも問題ないように思われるかもしれませんが、実はそれだと不都合があるのです。

その理由は、「S字カーブは、重力方向への重みに対して、クッションの役割がある」からです。

例えば、トンネルの天井がカーブしているのは、上からの重みをカーブ面で上手く分散させ、一部分に重みがかかることのないようにするためです。

背骨のカーブも、上からの重みに対して、衝撃緩衝と分散の役割を持っています。

一番重いのは頭

では、人の体でいう「上からの重み」とは何でしょう。

それは、「頭」です。

頭は、成人でおよそ5kgほどあります。

人が体を起こしている状態(寝ている以外の状態)では、5kgの重みが背骨にかかり続けています。

背骨がカーブしているからこそ、その重みを分散させることができますが、もし、背骨が真っ直ぐだと、頭の重みは背骨にダイレクトに掛かってしまいます。

ところで、うつむいたような姿勢(勉強やパソコン操作など机に向かう作業)では、頭の重みが前方にかかるため、S字カーブが崩れるだけでなく、頭の重みを支えるために、首周囲の筋肉がさらに活動することになります。

そのため、首の疲労(肩こりなど)が起こりやすくなります。

ポータブルゲーム機、スマホ、タブレットなどでは、さらに首を突き出したような姿勢になるため、さらに問題が深刻化します。

姿勢を良くするためには、頭を体の真上に持ってくる

では、子供の姿勢の悪さを改善させるための声掛けは、どうすればよいでしょう。

まずは、「顎を引いて、頭を体の真上に持ってきて!」と指示します。

その次に、「そのまま頭が天井(空)に引っ張りあげられるように、自然に背筋を伸ばして!」というと、無理なく背骨を伸ばしていくことができるでしょう。


【メールマガジンのご案内】
体の発達にまつわるアレコレが学べる子どもと姿勢研究所メールマガジンにも、ぜひご登録ください!(無料)
ご登録特典として、これまで発行したメルマガのバックナンバーを自由にご覧いただけます。

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)
ご職業



powered byメール配信CGI acmailer

 


【お知らせ】

【子どもと姿勢研究所 公式LINE@】はじめました。よろしければ友だち登録を!

line@

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
西村 猛(管理人)

西村 猛(管理人)

”触らない”理学療法士(子供の発達、特に座る、立つ、歩くなどの運動発達が専門)。一般社団法人子どもの姿勢とこころの発達研究所代表理事。コラムLatte専門家コラムニスト。 姿勢の悪い子供を減らしたい!という思いから、一般の方に向け、子供の姿勢発達や体作りについての情報提供をおこなっている。「分かりやすい解説」が好評で、マスメディアをはじめとする様々な媒体からの取材も積極的に受けている。 ■研究分野:子供の姿勢、幼児の体作り、発達障害児の身体的発達と課題

メールマガジンでも情報発信中!

メールマガジンでは、子どもの姿勢や体作りのポイントなどを分かりやすくご紹介しています。
この機会にぜひご登録ください。
購読料は無料です。