Pocket

800__card2

多くの方にお越しいただいた一年でした

子どもと姿勢研究会として、当サイトを開設してから3年が過ぎました。

特に今年は、多くの方にお越しいただき、子供の姿勢や体作りに関心のある方が多くおられることを実感した一年でした。

月別の閲覧数は1万~1.5万PV(ページビュー)で、多い時で2万PVになることもありました。

また名称を子どもと姿勢研究所に変更し、より公益性の高い情報提供を目指してきました。

箇条書きで、この1年を振り返ってみます

■特に人気のページ(ビュー数の多いページ)は、「 小脳と体幹を鍛えよう」、「体幹の働きと重要性」、「足底刺激と足指活動の重要性」、「昔ながらの遊びの効果」、などでした。

■ニュース番組や雑誌の取材、テレビの出演依頼など、メディアからのお問い合わせも、昨年に増して多くいただきました。

■医師の学会での講義スライドに当サイトを引用していただきました。当サイトの情報が学術的な内容に引用されたことは、とても大きな意味がありました。

■子供の体作りをテーマに、公立保育所さんから講義依頼をいただきました。

■発達障害のあるお子さんの姿勢や体作りにおける課題も取り上げていくことにしました。

■メンバーの方と子供の姿勢や体作りについて、ディスカッションするメンバー専用フォーラムを作りました。

来年の目標は以下のとおりです

■乳幼児期の体作りについての情報提供に力を入れていきます。

■メンバーの方との情報交換をさらに充実させていきます。

■保育所での講義などの事業(保育所への支援)を積極的に提供していきます。

■子供(特に乳幼児期)の体の発達や困りごと(ハイハイをしない、1歳を過ぎたけどまだ歩かない、など)の個別相談をお受けできる体制を構築します。

■メディアへの露出機会を今年以上に多く持てるようにしていきます。特にYOUTUBEを積極的に活用していきます。

■子供の発達や体作りを推進・発信されている事業者様や個人の方と積極的な交流やコラボなども考えていきます(ご関心がありましたらぜひお声掛け下さい)。

今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしく!!

今年もお世話になりました。

来年も「子どもと姿勢研究所」をよろしくお願いします。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

 

こちらの記事もどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

The following two tabs change content below.
西村 猛(管理人)

西村 猛(管理人)

”触らない”理学療法士(子供の発達、特に座る、立つ、歩くなどの運動発達が専門)。コラムLatte専門家コラムニスト。 姿勢の悪い子供を減らしたい!という思いから、一般の方に向け、子供の姿勢発達や体作りについての情報提供をおこなっている。「分かりやすい解説」が好評で、マスメディアをはじめとする様々な媒体からの取材も積極的に受けている。 ■研究分野:子供の姿勢、幼児の体作り、発達障害児の身体的発達と課題