Pocket

67331dc7c745c94cbd720f5322a518cd_s

当研究所のメンバーでもある、子どもの為の出張ヨガ教室えがおkidsを主宰されている山口さんのブログを拝見していたら、こんな記事を見つけました。

ブログに掲載されている写真を拝見すると、とにかく子供たちが「楽しそうに、でも真剣に体を動かしている」のです。

これって、子供の運動、活動を考えるときに、何より大事な要素になると思うんですよね。

単に楽しいだけではなく、同時に技術も習得でき、達成感も得られるというのが理想だと思うのですが、キッズヨガってその要素がいっぱい詰まっているという感じがします。

ヨガ素人の意見ですが^^;
見ていてそう思います。

 

おりしも娘の音楽会があったのですが、学校ではとかく「合奏や合唱を成功させること」に重きが置かれているように感じました。

大切なのは、「うまくおさまること」ではなく、挑戦してみること、失敗を重ねることで、その結果がどうであれ、それを受け入れること、だと思います。

その視点で見ればキッズヨガは、プロセスを楽しみながら、結果も出す、という感じがしました。

 

さて、子どもの為の出張ヨガ教室えがおkidsさんの記事では、ヨガ前後を比較した子供たちの写真が掲載されているのですが、みんなヨガ前に比べて、ヨガ後は綺麗な姿勢になっています。

まさに、楽しんで、取り組んで、自然に結果が出る。

 

キッズヨガパワー、恐るべし!!です。

 

 

こちらの記事もどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

The following two tabs change content below.
西村 猛(管理人)

西村 猛(管理人)

”触らない”理学療法士(子供の発達、特に座る、立つ、歩くなどの運動発達が専門)。コラムLatte専門家コラムニスト。 姿勢の悪い子供を減らしたい!という思いから、一般の方に向け、子供の姿勢発達や体作りについての情報提供をおこなっている。「分かりやすい解説」が好評で、マスメディアをはじめとする様々な媒体からの取材も積極的に受けている。 ■研究分野:子供の姿勢、幼児の体作り、発達障害児の身体的発達と課題

メールマガジンでも情報発信中!

メールマガジンでは、子どもの姿勢や体作りのポイントなどを分かりやすくご紹介しています。
この機会にぜひご登録ください。
購読料は無料です。