Pocket

c89ad105f437f5b21d913fff37247684_s

スポーツをする子どもを応援するフリーマガジン「Spody α」のライターさんより取材依頼がありました。

取材内容は「子供の体幹機能について」です。遠方でしたので、電話での取材となりました。

 

子供の体幹と姿勢についての基礎や、姿勢が悪いとどういう問題が起こるのかということ、さらにはそれらを予防したり改善したりするためにはどうすればよいのか、といったことについて小一時間お話させていただきました。
具体的には「ゲーム姿勢が続くと背骨がC字カーブになってしまうこと」、「それによって内蔵や呼吸機能に悪影響を及ぼすこと」、「顎をつきだした姿勢になり、首や肩に負担がかかり、肩こりや頭痛の原因になること」などをご紹介しました。

またそれらを予防し改善するためには、外遊びをすればOKですよというご説明をしたのですが、「外遊びなら親子で楽しみながら体幹を強く出来ますね!」とナットク!していただけたようでした。
具体的な遊びとしては「親子でできる遊び」ということで、「ジャングルジム」をオススメさせていただきました。複雑な動きをするジャングルジムは体幹機能の向上に最適な遊びです。そして親子でも楽しめますよね。

マガジン内の記事にも「親子でジャングルジムで遊びましょう!」とご紹介してくださっています。

 

それにしても、ライターというご職業の方は、本当に文章の構成が素晴らしいと感じました。
私がダラダラと小一時間喋ったことを、限られた紙面の中にきっちりと入れ込んで文章構成されるのですから。
私もそんな風にまとまった文章が書けるようになりたいなあと思いながら、今回もまたまとまりのないエッセイになってしまいました。

ライターの◯◯さん(まだご本人の許可をいただいていないので伏せ字で)、取材をいただきありがとうございました。
また何かありましたら、いつでもどうぞ。

 

※もしこのエッセイをお読みの方で、「記事読んだよ!」という方がおられましたら、ぜひコメントでお知らせください。

※「私も取材してみよう!」と思われた方はこちらからご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

The following two tabs change content below.
西村 猛(管理人)

西村 猛(管理人)

”触らない”理学療法士(子供の発達、特に座る、立つ、歩くなどの運動発達が専門)。コラムLatte専門家コラムニスト。 姿勢の悪い子供を減らしたい!という思いから、一般の方に向け、子供の姿勢発達や体作りについての情報提供をおこなっている。「分かりやすい解説」が好評で、マスメディアをはじめとする様々な媒体からの取材も積極的に受けている。 ■研究分野:子供の姿勢、幼児の体作り、発達障害児の身体的発達と課題