子供の姿勢が良くなるコツを学べます

エッセイ

全身運動が無器用?その理由と発達を促す遊びの紹介

無器用には二種類ある。 「無器用」という言葉を使う時、「手先が無器用」という意味で使うことが多いですよね。 ボタンが上手く留められない、はさみが上手く使えない、お箸で豆を上手くつかめない、などです。   これら …

8d1feef2c108b52abbdd3fe0e030800d_s

一家に一枚!?マグネット式の足サイズ計測シート

マグネット式の足の計測シートっていいですね Twitterのタイムラインに流れてきた、相互フォローさせていただいている子供靴専門店さんのツイート。 おうちで気軽に足を測ってほしいから、足のサイズ計測マグネットシートを作っ …

e17edeba9eec4361f4c6caaa4be0d8e5_m

発達障害児こそ「体の状態に合わせた椅子」が必要

真っ直ぐ座れないことを「躾のせい」にされてしまう 発達障害児の多くは、姿勢や体の使い方に課題があります。そのため真っ直ぐに座れない、すぐに体が崩れてしまうなどの現象を目にします。 そのため体に合った、適切な椅子に座ること …

7003deaa1e2d828b9277c572c0047329_s

「子どもと姿勢研究所」は子供の姿勢発達と、外遊びや伝承遊びが姿勢に与える効果について考えています

今、子どもの姿勢悪化が指摘されています。その要因は決して一つだけではなく、現代における様々な要因が複雑に絡み合っていると言えます。

それら様々な要因のうち、子どもたちが外遊び、特に”昔ながらの遊び”をしなくなったことも姿勢の悪化の大きな原因であると思われます。なぜなら昔ながらの遊びはただ単に遊ぶということだけではなく、実は子どもたちの身体作りにとって大変重要な役割を持っているからです。

当サイト管理人は医学的な動作、姿勢分析のプロである理学療法士です。あることがきっかけで昔ながらの外遊びを医学的根拠に基づいた視点で分析をしてみたところ、驚くことにそれらの遊びには子どもの姿勢発達に欠かせない要素がたくさんあったのです。

そして「姿勢とは何なのか?」、「子どもの姿勢の悪化の要因は何か」、そして「どうすればそれを予防することができるのか?」といった子どもの姿勢発達に関する情報を広く発信していこうという思いから当サイトを開設しました。
また今後はより具体的な外遊びと身体発達、姿勢発達などの関係性についても考えていきたいと思っています。

このサイトが子どもたちの健やかな成長と子どもの姿勢悪化を憂う大人の方々への一助になれば幸いです。

  • facebook
  • twitter

Count per Day

  • 145573総閲覧数:
  • 285今日の閲覧数:
  • 354昨日の閲覧数:
PAGETOP
Copyright © 子どもと姿勢研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.